インターネットから世界へ

2011-07-17

インターネットという仮想空間からリアルな世界へ旅立つ。

夢のように感じる言葉だが、実はかなりの方が体験していることと思われる。

というのも、これまでの私の生活を振り返るとこの言葉がぴったりと当てはまるからだ。

どういうことかというと、海外旅行が好きで何度も旅立っているのだがほぼ全てがインターネットから予約を行い旅立っているからだ。

自分でも意外に思ったのだが、振り返ると初めての海外旅行から直近の海外旅行までもれなくインターネットで予約をしている。

よくよく考えてみると自分の性分にインターネットでの予約があっているようだ。

知らないことを知っている人に教えてもらってそのまま実行する。

というよりも何でも自分で調べてわからないところは知っている人に聞いてみる。

そしてまた自分で調べてみる。

という考え方であり、特に旅行という個人的な事柄に関しては自分の思うような形で行いたい。

という思いが強いのと、パッケージツアーというよりも、安全性を確保した上での個人旅行のワクワク感やちょっとしたトラブルを楽しみたい。

と考えているからだ。

もちろん個人旅行だからどうだとか、パッケージツアーだからどうだ、というつもりはない。

それこそ個人的なことなのだから個々の方々が自分にあった方法で楽しむのが一番いいと思う。

その方法が私にとっては上記のような方法であり、そのやり方にとってはインターネットでの予約が適しているということだ。

それにしても便利な時代になったものだ。

直接出向かなくとも、世界中のどこに行くにしてもメールひとつで予約が完了する。

インターネットが切り開いてくれた可能性を活かしつつ、これからも個人旅行を存分に楽しみたい。

そして、いずれは世界一周、なんて夢もかなえてみたいものだ。

Leave a Reply

|